テキストなし

Douce franceでは、テキストを購入する必要はありません。

基礎をしっかりと身につけるために、順序よく学ぶことももちろん大事にしていますが、

 

 

その時に知りたい言葉を学ぶ。それがいちばんの方法。
時には、生徒さんからの、
「こう言いたいんだけど、なんて言うんですか?」

という質問から、クラスの内容を進めることもあります。

知りたいという好奇心、伝えたいという思いがなければ、学ぶことは少し退屈。
何かを知りたいと思った時にそれがわかった瞬間は、語学を学ぶ大きな喜び。
子どものような好奇心で・・・

子どものような好奇心で・・・

もちろん、初心者向けのクラスでは、まずは数の数え方や簡単なあいさつから、始めましょう。

「習ったはずなのに忘れてしまって、すみません。まったく私ったら・・・」

そんな声をたまに耳にしますが、

いえいえ、
忘れてしまったら、何回でも遠慮なく質問して下さい。

 

基本的な文法や、ルールもしっかりと学んでゆきましょう。

「テキストは使わない」

これは、基礎をないがしろにするという意味ではありません。

丁寧にコツコツと勉強することも忘れません。

 

フランス人ならではの言い回しや、実際にこういう言い方は最近しない、など、

フランス人が感じるフランス語を、みなさんにも感じていただきたいという思いがあります。

%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%88%e3%82%93%e3%81%b4%e3%81%a4

講師は「どうしたら、みなさんが楽しみながら、効果的に楽しくフランス語を学べるか」を常に模索しています。

小さな言葉を書き留めておくノートと、えんぴつのみを持って、クラスにいらして下さい。