バティニョールおじさん:ユダヤ人の子が家に逃げてきたら・・・独軍占領下のフランスを描いた、心に迫る映画

独軍占領下のフランスの微妙な立場を、平凡な市民である主人公に重ね合わせて、ナチ・仏当局・レジスタンス・ユダヤ人迫害などの政治状況の間で翻弄される様を描きます。

「バティニョールおじさん」 の解説・あらすじ・ストーリー

1942年、ナチス占領下のパリ。ドイツ軍はユダヤ人検挙の協力をフランス国民に要求していた。

肉屋を営むバティニョールは、ナチス支持者の娘婿が隣家のユダヤ人、バーンスタイン一家を密告したことから図らずもナチスに協力してしまう。

おかげでバーンスタイン家の財産まで引き継いでしまうバティニョール。

そんなある晩、バティニョールのもとにバーンスタイン家の12歳の息子シモンが現われる。

連行先からなんとか逃げ出してきたのだった。慌ててシモンを匿うバティニョール。

仕方なく、シモンをスイスへ逃そうと画策するバティニョールだったが…。

「バティニョールおじさん」 の作品情報

製作年:2002年
製作国:フランス
原題:MONSIEUR BATIGNOLE

「バティニョールおじさん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:ジェラール・ジュニョー、

製作:ドミニク・ファルジア、オリヴィエグラニエ、ジェラール・シモン

出演:ジェラール・ジュニョー、ジュール・シトリュック、ミシェル・ガルシア

映画のセリフからフランス語を学ぼう

出て来たフレーズを2つほど。

J’ai oublié mon violon!
バイオリンを忘れた!

↑最初の逃亡のシーンで、子どもが言います。

文字で書くと、例文のようなフレーズですが、
実際に映画をみながらだと、こうハッキリとは聞こえなかったりします。

Attention c’est fragile.
傷つけないように注意しろ。

fragile 発音は、「フラジャイル」


英語では「フラジール」似ています。

ELTの大ヒット曲に、「フラジール」というのがありましたね。
「あいのり」の主題歌でした!
https://www.youtube.com/watch?v=NP60Qqjfdhs

カラオケで、絶対誰かが歌っていたあの曲です。
私はそれでこのfragile という単語を覚えましたよ!

ところで、fragileの反対の意味のフランス語は、何でしょうか?

答えは、「solide」ソリッド、です。

この映画は、
Deuxième Guerre mondiale(第二次世界大戦)の時代、
ユダヤ人の子どもたちをスイスへ逃亡させた、フランス人のお話。

監督、脚本、主演をジェラール・ジュニョが担当。
物語は彼の祖父の実話に基づいているそうです。

これは驚きですね。

ナチス迫害下のユダヤ人の子供を扱った映画は古典的な<アンネの日記>やイタリア映画<ライフ・イズ・ビューティフル>など色々ありますが、この作品もそうした作品の一つです。

フレーズに戻りましょう。


Ctte nuit on m’a volé mes jambons.
(セットヌイ オン マ ヴォレ メ ジャンボン)
昨晩 ハムを盗まれた。

ジャンボン、ハムの話ですが、
足(jambes) からこの言葉は来ているそうです。

前々回この映画をやったときは、日本でのハムと、フランスのハムの違いの話になったりもしました。

紹介したフレーズはほんの一部です。
次回は12月11日(日)

今年最後の映画クラスです。

どうぞご参加下さい!

※この記事は過去の映画クラスのレポートになります。日にちの記載などは過去のものです。最新の映画クラスの情報は、映画クラス詳細ページをご確認ください。

Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA