professeur(先生)とinstituteur(先生)のちがいをご存知ですか?:映画クラスレポ

 

映画クラスとは

映画を見ながらフランス語を学ぶ大好評のクラスです。

フランス映画が好き、フランス語が好きな方にぴったりの、フランスの美しい風景や、映画のストーリーからフレーズをピックアップし、学ぶクラス。

フランス語を少し学ばれた方にオススメのクラスです。

※来月の開催日は一番下に記載があります

 

今月の映画の紹介

6月の映画は「マルセルの夏」

「愛と宿命の泉」の原作者としても知られる作家マルセル・パニョルの少年時代のエピソードを描いた作品です。

先月の映画もプロヴァンスの映画「プロヴァンスの休日」でしたね。

今回の映画は1900年前後のフランスが舞台になっていますので、もっともっと自然がいっぱいです。

まだすべての家に電話がない時代です。

 

 

映画の中で、

「それは私の生涯の中でも、もっとも美しい思い出のひとつだった。」

と作者が語っています。

 

映画クラスの様子は毎回レポートを書いていますので、ご覧いただけると嬉しいです。

 

 

 

それでは、

今月の映画クラスのレポート

 

 

Mon père était instituteur.

私の父は教師だった。

マルセルの父、ジョゼフは、小学校の先生でした。

さて、

professeur(プロフェスーる)と

instituteur(アンスティテュテーる)

のちがいをご存知でしょうか?

 

professeurは広く「先生」を表します。

instituteurは、小学校までの教師の事です。幼稚園の先生のことも、こちらを使います。

 

女性の場合は、

institutrice

といいます。

 

 

 

マルセルは、母が外出する時には、父の教えている教室に預けられて?いました。

そのせいか、まだ字を習っていない頃から文字が読めたそうです。

 

それを知った父が、驚きの表情で、このセリフを言います。

 

Voyons !Voyons!Tu sais lire?

待ってくれ、読めるのか?

 

Voyons 

は、見るの動詞の活用形ですよね。

 

Voyons voir

数年前のNHKのフランス語の番組で、

 

さあ、見てみましょう、

 

とナレーターが言う時にいつもこの言葉が出てきていました。

 

どれどれ・・・

さあ、・・・かしら

 

というような意味合いで、使われます。

 

Alors voyons voir ce que le bébé fait.

さあ赤ちゃんはどうするでしょう。

 

などですね。

 

 

お母さんが、こんなに小さな子が勉強しすぎる(文字を読む)のはよくない、と思って、マルセルのことを心配します。

 

Tu n’as pas mal à la tête?

頭痛は?

 

 

叔母のローズが父親に、最後に文字を読んだのはいつ?と訊ねると、

 

Hier matin.

きのうの朝

 

Le couvercle d’une boîte de savon.

 

 

↑このLe couvercleって何でしょうか?

 

 

答えは、フタ

 

鍋のふた、箱のフタ、フライパンのフタのことも、こう言います。

 

 

お母さんのオーギュスティーヌは、小さな子は勉強せず、遊ぶのが一番、という考えの持ち主。

学校の教師である父親は、マルセルが文字が読めることを誇らしく思いますが、母親は文字を読ませることを拒否します。

 

 

C’est pour son bien!

Vous allez lui faire exploser la cervelle!

この子のためよ!脳が破裂するわ!

この映画を通して、オーギュスティーヌはとても美しく、優しく、女性らしく描かれていて、とても魅力的です。

服装も素敵で、その時代の雰囲気が伝わってきます。

 

 

exploser

は、爆発する、という動詞ですね。

 

さて、レポートは次回に続きます。

 

 

 

6月のフランス語映画クラスは残りあと一回、あと1名様のご予約が可能です

満席になりました!

6月25日(日)13:00〜14;30

 

 

7月の映画クラスの日にちをお知らせ致します。

◆◇7月の日にち◇◆

7月9日(日)

13:00〜14:30

7月23日(日)

13:00〜14:30

 

定員4名までの少人数制の教室です。90分間のレッスンで、オススメの映画を知る、フランス語のセリフを学ぶ、盛りだくさんのクラス。

無料体験レッスンにぜひ起こし下さい!

 

映画クラス詳細はこちらをクリック

 

フランス語会話力を磨きたい!そんな方に。会話サロンはいかがですか?