北斗七星はフランス語で?:映画クラス

 

映画クラスとは

 

映画を見ながらフランス語を学ぶ大好評のクラスです。

フランス映画が好き、フランス語が好きな方に。

映画のストーリーからフレーズをピックアップ。

フランス語を少し学ばれた方にオススメのクラスです。

※9月の開催日は一番下に記載があります

 

今月の映画の紹介

8月の映画は「マルセルの城」

原題:Le château de ma mère

 

 

6月に「マルセルの夏」の映画クラスをやりました。

今回はその続編になります。

 

前回の「マルセルの夏」で、プロヴァンスにバカンスに出かけたマルセル一家。

マルセルにとってはかけがえのない、ひと夏の思い出になりました。

 

新学期が始まっても、マルセルはあの素敵なプロヴァンスの丘のことばかり考えてしまいます。

あの丘にまた戻りたい・・・

・・・と、そんなところから映画は始まります。

 

 

前回の「マルセルの夏」の記事から読みたい方は、こちらをクリック↓

6月の記事①professeur(先生)とinstituteur(先生)のちがいをご存知ですか?

6月の記事②きっとうまく行くよ!元気づけたいときフランス語で?

 

 

マルセル・パニョール、以前この映画クラスでも取り上げた有名な長編映画

「愛と宿命の泉」

「泉のマノン」

を書いた小説家、劇作家、映画作家です。

 

 

「マルセルの夏」そしてこの「マルセルの城」は、

彼の少年時代を描いた作品です。

 

 

 

フレーズ

 

さて、8月の映画クラスは2回に分けてレポートを書いています。

今回は、前回のレポートの続きになります。

 

前回の記事から読みたい方はこちら↓

お盆明けに使える「休みはどうだった?」

 

 

 

Peut-être Il y aura la neige.

雪があるかもしれないね。

 

 

Et peut-être aussi il y aura des ours?

もしかして、クマもいるかもしれないね?

 

 

マルセルの念願かなって、クリスマスをプロヴァンスで過ごすことになった一家。

弟のポールが、クマもいるの?と聞きます。

 

聞き取りでは、この

aura

という未来型を聞き取れるかどうか、がポイントです。

 

 

 

Comme au Pôle Nord.

北極のように。

 

ours

は、茶色いクマのことです。

 

では、ホッキョクグマ、白いクマは何と言うかご存知でしょうか。

 

ホッキョクグマは、

 

Ours polaire

オース ポレア

 

と言います。

 

では、

 

La grande ourse

 

は何のことだかわかりますか?

メスのクマのことではありません。

 

正解は、北斗七星です。

 

北斗七星は、おおぐま座のお尻の部分ですね。

 

冬になったら、北斗七星が見えるので、この言葉は覚えておくと使えるチャンスがあるかもしれません。

 

 

un froid polaire

北極のような寒さ

 

↑これも、真冬に使えそうです。

 

 

さて、次の言葉は、語学を習っている方には響く言葉ではないでしょうか。

 

 

Il ne faut jamais perdre une occasion de s’instruire.

学ぶ機会を決して逃すな。

 

父のジョゼフは、学校の教師。クリスマスのごちそう、デザートを前にしても、子どもたちに学ばせることを忘れません。

 

プロバンスの伝統で、クリスマスに13のデザートを食べるそうです。

 

Figues amandes noisettes raisins secs

イチジク、アーモンド、ヘーゼルナッツ、干しぶどう

 

 

Pommes poires pruneaux noix
Mandarines melon vert

リンゴ、なし、プルーン、クルミ

マンダリン、メロン

 

そして、

黒ヌガー、白ヌガー、

ポンプ・ア・ルイユ(Pompe a l’Huile)

 

このキリスト教の習慣について、もっと知りたい方はこちらの記事などを読んでみてください。

プロヴァンスの13のデザート、クリスマス伝統

 

 

さて、プロバンスで冬のバカンスを過ごしたマルセル一家。

また、春の復活祭にもこの丘を訪れます。

 

 

Joyeuses Pâques

イースター(復活祭)おめでとう!

 

そしてこの後、マルセルは不思議な女の子と丘で出会います。

少年が初めて異性を意識した、甘酸っぱい思い出です。

このイザベルが、物言いが少し気取りやさんで、とてもかわいらしいのです。

 

 

映画クラスでは、最初に映画を20分間、ご覧いただいています。

その後、ピックアップしたフレーズが出てくるシーンのみを、ゆっくり見て行き、聞き取りにチャレンジします。

 

ちょうどイザベルと知り合うところまでで、20分くらいです。

 

先が気になるところですが、気になった方はぜひDVDを借りて、見てみてください。

映画クラスでは、毎月ちがう映画を選んでいます。

 

「フランス映画ってどれが面白いのかわからないけど、映画クラスで知った映画を参考に、フランス映画を見ている」

「おもしろいフランス映画を知ることができた!」

 

という嬉しい声もいただいています。

 

この映画では、プロヴァンスの自然豊かな風景が、全編通して味わえ、夏の暑さを吹き飛ばす、清々しい気分になれますよ。

 

 


◇9月の映画クラスの日にち◇

 

 

10日(日)13:00~

24日(日)13:00~

 

1回目はすでに残り一席になっております。

1回目は満席になりました!

2回目はまだまだ募集中です。

満席になりました!

 

10月は

8日、22日に開催します。

 

さて、次はどんな映画でレッスンするのでしょうか。お楽しみに!

 

定員4名までの少人数制の教室です。90分間のレッスンで、オススメの映画を知る、フランス語のセリフを学ぶ、盛りだくさんのクラス。

無料体験レッスンにぜひ起こし下さい!

 

映画クラス詳細はこちらをクリック

 

フランス語会話力を磨きたい!そんな方に。会話サロンはいかがですか