「奇人たちの晩餐会」フランス映画でフランス語を学ぼう!

6月の映画クラスの日にち

 

映画クラスとは

 

映画を見ながらフランス語を学ぶ大好評のクラスです。

フランス映画が好き、フランス語が好きな方に。

映画のストーリーからフレーズをピックアップ。

フランス語の基礎が既に身についた方にオススメのクラスです。

 

※6月の開催日は一番下に記載があります

 

 

前回の映画

 

5月の映画は「奇人達の晩餐会」

原題:Le Dîner de con

 

 

 

あらすじ

 

出版業を営むブロシャンには密かな楽しみがあった。

それはバカな人間を招待しては仲間で笑い物にするという晩餐会だ。

今回はマッチ棒の工作が趣味という税務局勤めのピニョンという男を見つけたのだが、当日ギックリ腰になり動けなくなったブロシャンはピニョンと二人きりになってしまうのだった……。

F・ヴェヴェール監督作で、ブロシャンとピニョンのやり取りと、テンポよく展開されるストーリーが面白いです。

 

 

フレーズを少しだけ、ピックアップ。字幕とセリフの小さなズレが、おもしろい!

 

Comment est-il?

バカか?

 

この字幕とフランス語の文章、文字で読むとまったく違いますが,前後のセリフのつながりで、このようになっています。

 

つまり、本来

Comment est-il?

は、

彼はどう?どんな感じ?

 

という意味ですよね。でも、「バカ」に関する話題の中で、その人がどれだけバカなのか知りたくて質問している状況ですので、このように訳されています。

 

聞き取りができてくると、このような、字幕と実際のセリフの、ズレにも気づいてゆきます。

映画を使った学習法では、そんなところも、自分の進歩が感じられて楽しいですよね。

 

字幕をつける人はもちろんプロですから、より短い文字数で、セリフを「目で」見て理解しやすいよう、考えられていると思います。

でも、「私ならこう訳す!」なんていう、自分流の訳を考えるのも一つの学習法かもしれません!

 

 

 

Un champion du monde.

世界一のバカだ

 

さて、この映画のストーリーの始まりのシーン。

登場人物のブロシャンは、常日頃から、「バカ」を探しているのです。

バカを晩餐会に呼んで、話を聞き,仲間と楽しむという少し悪い趣味をお持ちです.

 

 

Il est très bête.

世界一。

 

 

こちらも、直訳は「彼はとてもバカ」ですが、

世界一、の三文字で,バカの世界一って、どんな人?見てみたい!というワクワク感も少し加えられています(あくまで個人的な解釈です・・・)

 

 

Cinquième gauche.

6階の左

 

マンションの部屋を電話で教えるシーンです。

 

「6階」なのに、なぜ

 

sixième

ではなく

 

 

Cinquième

「5番目の」なのでしょう?

 

 

それは、フランスでは建物の階数を数える時に、

 

一階は

rez-de-chaussée

 

として数えるからです。

日本でいうところの2階が、

 

premier étage

一番目の階

 

になります。

 

 

Bougez pas, j y vais.

そのまま、今いきます。

 

「バカをバカにする会」当日に、ギックリ腰になってしまったブロシャン。

来客に、インターフォンで返事をします。

 

ギックリ腰で動けないシーンは見るからに痛そうです・・・。

 

 

ここにピックアップしたのは、短いフレーズですが、実際のレッスンではまだまだたくさんのフレーズをピックアップしています。

ご参加される方のレベルによって、授業の内容を微調整することもあります。

順番に聞き取りにチャレンジする時には、その方のレベルにあったフレーズを割り当ててゆきます。

 

定員は4人の小さな教室ですが、その分、お一人お一人に合ったレッスン内容になるように心がけております。

 

 

映画クラスの進めかた

 

 

 

1.今月の映画を鑑賞

フランス人講師自らが、毎月、オススメ映画を選んでいます。

まず約20分間、フランス映画を鑑賞します。

ハリウッド映画はたくさんあるけれど、フランス映画はレンタルDVD屋さんにも少ないし、そもそもどれが面白いのか、わからない・・・

そんな方にも、おもしろいフランス映画の

”掘り出し物”を知るよい機会だと好評です!

 

 

2.フレーズ聞き取りにチャレンジ

聞き取れそうで聞き取れない?!

映画の中のシーンで、ナチュラルな会話を聞いてみましょう。

フランス人同士の会話では、テキストなどで習ったフレーズがそのまま出てくるのではなく、フランス人ならではの省略された言い方になってしまうことが多くあります。

ピックアップしたフレーズから、よりリアルな使い方を、少し練習するときも。

 

とことんフランス映画

映画クラスを月に2回受講したい!とのリクエストにお応えして,同じ映画の続きの内容でパート②を行なうことになりました。

パート①は最初の約20分

パート②はその続きの約20分

 

両方続けてのご受講はもちろん、②のみでもご受講可能です。

②のみご受講の方のために、最初の20分間のあらすじを、プリントや口頭にて説明してから上映を始めます。

 

6月の映画クラスの日にち

 

10(日)

パート①13:00~

 

 

24(日)

パート①13:00~

パート②15:00〜

 

 

さて、次はどんな映画でレッスンするのでしょうか。お楽しみに!

 

定員4名までの少人数制の教室です。90分間のレッスンで、オススメの映画を知る、フランス語のセリフを学ぶ、盛りだくさんのクラス。

無料体験レッスンにぜひ起こし下さい!

 

映画クラス詳細はこちらをクリック

 

フランス語会話力を磨きたい!そんな方に。会話サロンはいかがですか