バカンスと言えば、フランス、は勘違い?!中上級者のためのフランス文化クラス!la classe découverte

 

今月からスタートの新クラス

la classe découverte

 

が開講しました。

新クラスなので、おそらく最初は人数が少ないかなと思っておりましたが、なんとありがたいことに、4名満席!今月の2回目も、すでに満席でご予約をいただいております。

ありがとうございます。

 

告知をした途端にご予約をいただいたり、とにかく反響が多いと感じるこのクラス。

初回なので、500円で皆様にご体験いただきました。

 

このクラスで扱うのは、文化、歴史、地理、政治など、フランスの様々なことについてです。

「短いテキストを読みながら、勉強する」と告知しておりましたが、講師が準備をしているテキストを少し見せてもらいましたら、私の想像よりは長かったです・・・。

 

しかし、きっと中上級者の皆さんには、このくらいのボリュームがちょうど良いのではと思います。

 

 

バカンスに関しては「遅れていた」フランス

 

 

さて、肝心の内容ですが、

今回のテーマは、

les congés payés

有給休暇

 

でした。

みなさん、フランスといえば、バカンス、バカンスと言えば、フランス人!とお思いではないですか?

休みが多い国、フランス!と私も思っておりましたが

実は、有給休暇をフランス人が獲得したのは、他のヨーロッパ諸国よりも遅かったのだそうです。

つまり、フランスはバカンスに関しては「遅れていた」国だと言えます。

 

少しだけ、使用したテキストをここに掲載させていただきます。

(これが全文ではございません、少し覗き見!)

Quand on pense aux français, on pense tout de suite à un peuple qui est toujours en vacances, qui ne travaille pas beaucoup et qui aime profiter  de la vie.

 

Pourtant, autrefois la France était très loin de ce qu’elle est de nos jours.

 

(中略)

 

・・・A cette époque en France, 

les journées de travail faisaient alors 

12 heures…Au XIXe siècle, l’idée de 

vacances payées était impensable.

 

 

 

 

発音、文法、読解、ディスカッション、と、フランス語学習に必要な要素がぎゅっと詰まったこのクラス。

ただテキストを、読解するだけではございません。

内容について、ディスカッションしてゆきます。

 

 

 

ここからは、専用ページの内容と被ってしまいますが、

日本人は、ついつい自分の意見を言うのを避けがちです。会話サロンでも、たくさんお話しされる方がいると、他の方は自ら聞き役にまわりがち。でも、このクラスでは、自分の意見を「言わなければいけない」のです。

たくさん、長い文章を述べる必要はありません。短い文章でも、自分の思ったこと、感じたことを、とにかく人に伝えることが大事です。言い方の間違いをしたり、ゆっくりでもかまいません。なかなか思った通りに伝えられないときには、もちろん講師がサポート致しますよ!

 

 

フランス語を聞くだけではなく、自分の考えを口に出すと言う実戦練習です。

 

テーマに沿って一人ずつ意見を述べた後は、そこから発展してフリートークのようになります。

他の参加者さんに質問したり、とにかく楽しくフランス語で会話をしましょう!

 

文化クラスの専用ページはこちら