ミシュランガイドは無料だった??フランス文化を発見しながら学ぶクラス

ミシュラン

 

フランス語を勉強してきて、最近伸び悩んでいる方、

基礎・基礎もわかる、ある程度言いたいことも言えるけれど、なんとなく不完全燃焼な方。

 

そんなフランス語中上級者さんのためのクラス

la classe découverte

ラ・クラス・デクーベるト

 

取り扱うテーマは様々ですが、今回は

 

ミシュラン

Le guide Michelin qu’est-ce que c’est ?

 

ミシュランと言えば、

le Guide Michelin

ミシュランガイド(ル・ギド・ミシュラン)

 

で有名ですね。ミシュランガイドは、

ミシュラン社により出版されるさまざまなガイドブックの総称ですが、

代表的なものは、レストランの評価を星の数で表すことで知られるレストランホテルガイドである。

これは装丁が赤色であることからレッド・ミシュラン

 

 le Guide Rouge

ギッ・ルージュ

とも通称されています。

 

星、いくつ、という評価により、訪れるレストランを選ぶ方が多くいます。

そのため、レストランはこの星をキープするために、大変な努力をしているのですよね。

 

 

 L’origine du guide Michelin.

ミシュランガイドの起源

 

Michelin est une entreprise de pneumatiques. 

 

 

ミシュランは、

このマークでおなじみ、タイヤメーカーです。

 

最初は、タイヤを買った人へのプレゼントとして、無料で配られていたそうです。

 

 

 

Au début du 20ème siècle, en France, le vélo 

est beaucoup plus utilisé que la voiture.

20世紀の最初、フランスでは、自転車が自動車よりも多く使われていた。

 

 

A cette époque il n’y a que 2400 conducteurs 

de voitures.

当時、2400人しか車を運転する人はいなかった。

 

なんと、これは驚きです。

確かに、お金持ちしか車を持てない時代だったのですから、当然と言えば当然ですね。

 

最初は、タイヤを買った人に無料で贈られていたミシュランガイド。

しかし、ミシュランは、有料の本になってゆきます。

 

なぜか?

 

le guide deviendra payant. Pourquoi ?

 

 

Parce que pendant une visite dans un magasin Michelin, André Michelin remarqua que ses guides étaient utilisés pour caler les pieds d’une table.

 

これは、ありがちといえばありがちですが、ミシュランを最初に作ったミシュランさんは、無料で配られた冊子(初期のミシュランガイド)が、テーブルの高さ調整のためにテーブルの足の下に敷かれていたのを見たのです。

 

Choqué, il décidera de les vendre au lieu de les donner.

 

 

これを見て大変ショックを受けたミシュランさんは、ミシュランガイドを有料にすることを決めました。

 

 

 

有料にしたからには、内容を充実させてくてはならない、ということで、様々な情報が盛り込まれていったというわけです。

 

※レッスンで扱うテキストでは、こちらのレポートでは日本語で説明を入れている箇所もフランス語テキストで書いたものをお配りし、取り扱っております。

 

最初はミシュランガイドの販売はうまく行きませんでした。お客さんは、もともとタダでもらっていた本を、お金を出して買うのをためらいました。

ミシュラン社は、学校で優秀な生徒に贈ったりしながら、だんだんミシュランガイドの販売に成功してゆきます。そして、1926年には評判の高い料理を提供するホテルに星をつけるシステムがスタート。

地方、パリとだんだん広まってゆきました。

 

 

※レッスンでは、ミシュランガイドと戦争との関わりも扱いましたが、中略いたします。

 

 

今では有名になったミシュランガイド、星をもらうことは、料理人にとってはとても誇らしいことです。

その一方で、星を拒否するシェフもいるそうです。

 

 

1996年、有名なシェフ、ジョエル・ロブローションが、星を返還しましたよね。

なぜでしょうか?

 

En 1996, le célèbre chef Joël Robuchon avait rendu ses 3 étoiles au guide.

Pour quelles raisons les chefs décident de rendre leurs étoiles ?

 

 

いつも完璧でなくてはならない、星を失ってはならないという、プレッシャーはきっとすごいのでしょう。

お客さんも、星のあるレストランに対しては、期待をして来店しますよね。

自由な発想で料理をするため、星を返還するのですね。

 

 

さて、このように、フランスの文化、歴史など、幅広いテーマで学んでゆく

la classe découverte

ラ・クラス・デクーベるト

 

 

11月の開催日は

 

3日(土)

13:00〜14:30

 

17日(土)

13:00〜14:30

 

です。両日とも、内容は同じになります。

 

初回は500円で体験ができます。

ぜひこの機会に、フランスにどっぷり浸かってみませんか?

 

詳細はこちら、専用ページへ