サラの鍵 ELLE S’APPELAIT SARAH

 

フランス映画紹介

 

サラの鍵

 

映画「サラの鍵」
原題:ELLE S’APPELAIT SARAH
製作年:2010年
 
 

 

あらすじ、概要

1942年、ナチス占領下のパリ。ユダヤ人一斉検挙によってヴェルディヴに連れてこられた人々の中に、少女サラはいた。それから60年後。パリに暮らすアメリカ人ジャーナリストのジュリア(クリスティン・スコット・トーマス)は、アウシュヴィッツに送られた家族を取材するうちに、かつて自分のアパートで起こった悲劇を知ることとなる。

予告編

 

感想

第二次世界大戦のフランス、ユダヤ人検挙について描かれた映画。

当時のシーンと、その事実を追うジャーナリストの現代のシーンが交互に出てくるスタイルの映画です。

ユダヤ人検挙の事実は、衝撃的なシーンばかりです。

トイレがなく、排泄をその場でしなくてはならない競技場の中のシーン。幼い子と母が引き剥がされるシーン。まさに、目を覆いたくなる事実です。

そして、主人公のサラが、長い年数の末に弟の死体と再会するシーンは、想像を絶するものがあります。

弟が、どうにかして脱出して、どこかで生きている、という可能性をどこかで期待して観てしまっているので、この弟の変わり果てた姿を見つける場面は、遺体自体は映らないものの、周りの人のリアクションで、その惨さが伝わり十分に想像でき、ショックです。

歴史上のむごたらしい事実なので、ハッピーエンドなどあり得ないのですね。

ただ、この映画は、現代に生きるジャーナリストが自分の人生を生きる中で、ユダヤ人のサラのことを探求していく構成になっているので、戦争のシーンばかりが続く作品よりは、幾分か観やすくなっていると思います。

 

当校の映画クラスで扱うには、少し重たすぎる内容のため、扱っておりませんが、一度は誰もが見るべき映画の一つだと思います。

※こちらの映画は、当校の映画クラスでは扱っておりません。