フランス、幸せのメソッド:映画紹介

フランス映画紹介

 

フランス、幸せのメソッド

製作年:2011年

製作国:フランス

原題:MA PART DU GATEAU

 

 

あらすじ

『ロシアン・ドールズ』のセドリック・クラピッシュ監督の長編10作目となる人間ドラマ。不幸続きのシングルマザー・フランスは、スティーヴの家政婦として雇われることに。ふたりが次第に心の距離を縮めつつあった矢先、フランスがある事件を起こす。

 

監督 セドリック・クラビッシュ

製作 ブリュノ・レヴィ

出演 カリン・ヴィアール、ジル・ルルーシュ、オードリー・ラミー、ラファエル・ゴダン

 

 

感想

※個人的な感想です。ストーリーの内容が書いてありますのでストーリー内容を知りたくない方はご注意下さい。

4人の子持ちの貧しい主婦が、やり手の株ブローカー金持ち独身男性の家政婦になる。

主人公のキャラクター、頭の良さ、サバサバした性格が、見ていて気持ちが良い。

特に女性が楽しめる映画だと思います。

 

最初の展開も、中盤も、とても面白かったのだが、しかし最後の結末がなんとも言えず、ハッピーエンドと言えるのか言えないのか・・・

中盤の展開では、ある種のシンデレラストーリーを予想して、結末をワクワクしながら見るのだが、裏切られる。

もしくは、映画では描かれていないが最後にハッピーエンドになる想定の結末なのか・・・とにかく、物語の途中で終わってしまったような感じが胸に残る。

DVDのパッケージとタイトルを見ると、内容が比較的軽くて、楽しい物語のようなイメージだが、根本的にはこちらはそういった映画ではないと思う。

貧富の差だとか、大きな企業が小さな町工場に目を向けないのだとか、そう言った社会的な問題が根底を流れている。

ただ、一つ一つのシーンは、明るくて好きだ。ワクワク楽しめるシーンもたくさんある。主人公と、その子ども4人でスーパーマーケットで踊る、ミュージカル風のシーン、高級マンションのシーン(目の保養・・・)、冒頭の、イタリア旅行のシーンの風景など。

 

※映画は、主人公の雇い主の男性が英語を仕事で使うために、特に最初の20分間は英語のシーンが多かったので、映画クラスでは使用しておりません。