アヌシーのマルシェ・デ・ノエル!クリスマスの屋台

アヌシー探索。クリスマスのマルシェ

 

クリスマスのアヌシー。 一年中、観光客が多いアヌシーですが、クリスマスには、マルシェ・デ・ノエルを散策しに、いつもよりさらに賑わいます。

フランス東部に位置し、ローヌ・アルプ地方にある湖畔の街アヌシー。

人口は約5万と決して大きくありませんが、見どころがたくさんあり人気の高い観光地です。

 

街全体が、クリスマスモードです。

春にもこちらに来ました。クリスマスでなくても、アヌシーの街並みは少しノスタルジックで独特の雰囲気があります。

 

 

 

さて、こちらが有名な、旧牢獄、パレ・ド・リルです。↓

春に来た時は、修復工事中でしたが、今はまた美しい姿を見ることができました。

 

以前はもっと黒ずんだ石壁が武骨な感じの建物でした。アヌシーの街で最も人気のある観光スポットの1つです。

もともとは1132年にジュネーブ伯爵の宮殿として建てられたものですが、のちに牢獄や裁判所として使われてきました。現在は歴史博物館になっていて、館内を見学することができます。

 

川ぞいには、割と観光客向けのレストランが。

 

小袋に入った、ショコラやヌガーたちがとても可愛らしく、つい買ってしまいそうになります。

ホットワインもあちこちで売られています。

アヌシーはとても寒いので、ホットワインを片手に歩くのが体もポカポカになり、オススメです。

 

ホットワインは、「ヴァン・ショー」。

VIN CHAUD

 

映画『アメリ』でも、アメリと近所に住むおじいさんが一緒にヴァン・ショーを飲むシーンが描かれていました。

 

美味しそうなショコラ・・・・

 

屋台の屋根は、雪の降る地方の家の特徴である、三角の屋根です。

 

 

屋台がずらりと並んだ姿も、美しいです。

 

 

 

 

メリーゴーランドは、日本では遊園地に行かないとありませんが、フランスの街を歩いていると、街並みの中に突然現れます。

フランス語では

 

un manège

アン マネージュ

 

こちらのマネージュは、電飾がされていて現代的な感じですね。

つい先日、他の街で見たマネージュは、古めかしい感じで、それもまた素敵な雰囲気のあるものでした。

 

アヌシーで、とても素敵なレストランを紹介してもらったので、ぜひ次回の記事で紹介したいと思います!

Bonne journée!