「スイミング・プール」:フランス映画紹介

フランス映画の紹介ページです。フランス映画クラスで扱わなかった映画を中心に、紹介しています。

「スイミング・プール」 の解説・あらすじ・ストーリー

創作活動に行き詰まっていたイギリスの女流ミステリー作家サラはある夏の日、出版社社長ジョンの勧めで南仏の彼の別荘を訪れる。

そこは明るく静かで、誰にも邪魔されずに執筆できる最適な場所だった。

しかし、サラがいよいよ仕事に取り掛かろうとした矢先、社長の娘ジュリーが別荘にやって来る。

裸でプールを泳ぎ、毎夜男を連れ込んでは嬌声をあげるジュリーに苛立ち筆が進まないサラ。

だがやがてサラは、ジュリーの若さと妖艶な振る舞いに強い刺激を受け、いつしか彼女をモデルに物語を紡ぎ始めるのだった…。

スイミング・プール」 の作品情報

製作年:2003年
製作国:フランス/イギリス
原題:SWIMMING POOL

スイミング・プール」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

監督:フランソワ・オゾン

出演:シャーロット・ランプリング、リュディヴィーヌ・サニエ、チャールズ・ダンス

感想

ミステリーとはこういうものか、と感心しました。

見ている間は、え?どうなるの?と真実を知りたく、先が気になる。

結末は、え?つまり、どういうこと?と、見てきたストーリーを思い返したり少し巻き戻してみたり・・・

しかし、スッキリしないものです。

特にこちらの映画は、結末を見ても、真実がわかりません。見ている人の、想像に任せる、ということであると思います。

気になって、監督のインタビューなどをネットで読んでみましたが、監督自身も、結末についての真実を語っていません。

ネットの口コミや感想では、こういうことだったのでは?と複数のミステリー好きの方がそれぞれ書いておられますが、それもまた当然ながら人によって見解が違うので、正解がわからないままです。

ミステリー好きの方は、きっとそのように謎が残るところがお好きなのかもしれませんが、私個人的には、ハッキリとした真実を知って納得したい思いです!

モヤモヤとしたまま、寝る前も、次の日も、この映画について考えてしまったりしているので、ああ、これがミステリーの為せる技なのか、と気づき、それがまたこの映画のすごい所なのだろうか、とも思います。

映像美、ドキドキさせる映像、という点では、非常に素晴らしかったです。この映画が有名なのも納得です。これはきっと、フランソワ・オゾン監督の才能でしょうね。

フランソワ・オゾン監督は、「8人の女たち」の監督でもあります。

そして「スイミングプール」で、パッケージの写真にもなっている妖艶な若い女性ジュリーを演じた女優さんは、その8人の女たちで、髪の短い少女を演じた方で、それもまた今回の役とのギャップにびっくりしました。

フランス語学習・セリフについて

こちらの映画は、英語とフランス語、両方出てきます。

冒頭の20分は英語が割と多いため、当校の「フランス映画クラス」では扱いませんでしたが、英語とフランス語を両方学習されている方にはオススメです。

主人公の作家女性はイギリス人なのですが、フランス語も話します。

途中のシーンで、フランス語で話しかけられ、相手と話したくないために、

「デゾレ、私はフランス語を話せないの。全くわかりません。」

とハッキリとしたフランス語で返していたシーンにニヤリとしてしまいました。


◽️映画を見ながら語学を学ぶ「映画クラス」ご紹介◽️

映画クラスの進めかた

1.今月の映画を鑑賞

フランス人講師自らが、毎月、オススメ映画を選んでいます。

まず約20分間、フランス映画を鑑賞します。 ハリウッド映画はたくさんあるけれど、フランス映画はレンタルDVD屋さんにも少ないし、そもそもどれが面白いのか、わからない・・・

そんな方にも、おもしろいフランス映画の ”掘り出し物”を知るよい機会だと好評です!

2.フレーズ聞き取りにチャレンジ

聞き取れそうで聞き取れない?!

映画の中のシーンで、ナチュラルな会話を聞いてみましょう。

フランス人同士の会話では、テキストなどで習ったフレーズがそのまま出てくるのではなく、フランス人ならではの省略された言い方になってしまうことが多くあります。

ピックアップしたフレーズから、よりリアルな使い方を、少し練習するときも。

定員4名までの少人数制の教室です。

90分間のレッスンで、オススメの映画を知る、フランス語のセリフを学ぶ、盛りだくさんのクラス。

無料体験レッスンにぜひ起こし下さい!