フランスの”マズイ”名物料理:フランス文化クラス

毎回一つのテーマについて、短いテキスト文をもとに学んでゆく、

フランス文化クラス

La classe découverte


もっともっと、フランスの文化や歴史への理解を深めたい方に、オススメしています。

このページでは、各月のレッスンのテーマと内容をご紹介しています。

※ブログ担当者の個人的な感想を述べながらの記事になります。実際のレッスンの進行とは異なります。


取り扱うテーマは様々です。今回は

Les spécialités françaises qui dégoutent les étrangers

外国の人が好きではない、フランスの名物料理

フランスは、グルメな国ですよね。

パン、フロマージュ、ワイン・・・

他にも、美味しいものがたくさんあります。

しかし、中には、フランス人にしか受け入れられない食べ物もあります。

順番に、見てゆきましょう。

エスカルゴやカエルの足

高級料理店でも出される「エスカルゴ」も、カタツムリですから、気持ち悪いという人もいます。

ちなみに、普通、エスカルゴは複数個で提供されるため、

les escargots

レ ゼスカルゴ

と複数形で書かれていることが多いです。

そして、よく食べられているのは、カエルの足。

Les cuisses de grenouille.

Comme l’escargot, son apparence dégoûte un peu. 

エスカルゴのように、その見かけは少し気持ち悪いです。

私は食べたことがありませんが、味は、鶏肉に似ているそうですね。

Il paraît que le goût est proche du poulet.

毎年4000トンのカエルを、フランス人は食べているそうです。

そのせいで、フランス原産のカエルの数は減少しており、今ではそのほとんどは輸入に頼っているとのことです。

Chaque année, les français mangent 4 000 tonnes de grenouilles !

A cause de cela,

le nombre de grenouilles françaises a beaucoup diminué. 

脳みそ

La cervelle

脳みその形は、独特です。見た目で、脳みそだということがわかってしまいます。

気持ち悪い写真が苦手な方のために、あえて写真は載せないことにしましたので、どんなplatかご覧になりたい方は、ぜひ

cervelle d’agneau au beurre.

子羊の脳みそバター風味

などで検索してみて下さい。

C’est peut être le plat le plus dégouttant

De plus, on mange la cervelle dans sa forme originale. 

ブラッドソーセージ

Le boudin noir

ル・ブディン・ノアール

豚の血と、脂でできているソーセージです。

写真は、わりと美味しそうに盛り付けられていますが、これもまた、画像を検索すると、もっと美味しくなさそうな物も多く見ることができます。

Il a une forme de grosse saucisse.

Le boudin noir est composé de sang et de graisse de porc.

Ça n’a pas l’air très bon mais les Français en mangent 

assez souvent. Les étrangers pas du tout.

とても美味しそうには見えませんが、フランス人はよく食べるそうです。

ランデュイエット

L’andouillette

ランデュイエット

ランデュイエットはブルディンと同じくソーセージですが、豚の腸でできています。

こちら、とても美味しそうに見えますが、問題はその匂い。

Si vous ne connaissez pas l’andouillette, c’est le plat qui sent le plus mauvais.

L’andouillette est une saucisse comme le boudin, mais composée du tube digestif du porc.

レストランで、誰かがランデュイエットを注文すれば、部屋中が、嫌な臭いになってしまいます。

牡蠣

Les huîtres.

先に紹介した、ブルディンやランデュイエットよりも、牡蠣は日本人にも馴染みがあります。

牡蠣は、フランス人が唯一、生きている状態で食べる食べ物です。

Les huîtres sont plus populaires que le boudin noir ou l’andouillette.

L’huître est le seul animal que les Français mangent vivant.

さて、クラスでは、こういった「フランスに関する物、事、」を紹介した後、参加者の皆さんでディスカッションしています。

先生から生徒さんへの、一方的な講義ではなく、その日に学んだことやテーマについて、どう思ったか、を自分の言葉で述べるのです。

これこそが、使えるフランス語上達のポイントです。

実際のテキストでは、この後フランス人とマクドナルドの関係、

Macdonalds et les fast-foods en France. 

そして、甘い物と糖尿病についても扱っています。(こちらのブログでは省略致します。)

Les Français, les pâtisseries et le diabète


Les Français sont des gourmands.

Ils ne font pas attention au sucre.

では、最後に甘いデザートで口直しをして、この記事を終わりにしたいと思います。

les gâteaux au chocolat ( opéra, fondant, forêt noire)

ガトー・ショコラ

les tartes ( pommes, poires)  et  les éclairs ( café, chocolat)

Ensuite, le mille-feuille, le Paris-Brest, le Baba au Rhum, et le cookie.

文化や歴史を、語学と共に学ぶレッスン

さて、取り上げた例文は、文化クラスの初級で使用したテキストです。

初級は、日本語の説明を多めに、わかりやすく学んでゆきます。

中級のレッスンではもう少し難しい単語なども出てきます。

基礎もわかる、ある程度フランス語で言いたいことも言えるけれど、もっともっとフランス語を楽しむ方法を探している方、ぜひドゥースフランスの、「文化クラス」を体験してみませんか?

発音、文法、フリートークの、3つの要素が組み合わさった、充実した1時間半です。

テーマは、フランス文化、歴史、人物、地理など、ジャンル問わず様々なものを予定しています。

次回はどんなテーマで勉強するのでしょうか、お楽しみに!