画家と庭師とカンパーニュ:映画クラス【おすすめフランス映画】

Dialogue avec mon jardinier

映画を見ながらフランス語を学ぶ大好評のクラスです。ストーリーからフレーズをピックアップ。フランス語の基礎が既に身についた方にオススメ

あらすじ

フランス映画,紹介,おすすめ,ダニエルオートゥイユ,ジャンピエールダルッサン,フランス語,教室,東京,新宿,フランス語学習,フランス語学校,フランス語文法,フランス語会話,フランス語セリフ,フランス語フレーズ,フランス俳優

画家はカンパーニュ(フランス語で「田舎」の意)に戻ってきた。

両親が亡くなって荒れ放題だった庭の手入れをしてくれる庭師を募集したところ、現れたのは偶然にも小学校時代のいたずら仲間だった。

画家はパリで成功を収め、収入も安定していた。

しかしモデルとの浮気が原因で妻には離婚を迫られ、娘にも愛想をつかされている状態。そして実は何よりも、自分の描く絵に満たされていなかった。

労働者階級の生まれだった庭師は、学校を卒業後フランス国鉄を定年まで勤め上げ、引退後に念願の庭師になった。

職場を愛し妻を愛し、元国鉄勤務の恩恵に感謝しながら、地元で堅実に生きてきた。

 

そんな 2人の、味のある会話がたくさん詰まったこの映画。

もしかしたら、勝手な想像ですが、ご年配の方の方が,この映画に共感できる部分が多いのかもしれません。

作品情報

製作年:2007年
製作国:フランス
原題:DIALOGUE AVEC MON JARDINIER/CONVERSATION

キャスト・監督

監督:ジャン・ベッケル

製作:ルイ・ベッケル

出演:ダニエル・オートュイユ、ジャンピエール・ダルッサン

セリフをみてみよう

冒頭から,会話の嵐です。

20分間くらい、ずーっとしゃべっています。

なぜなら、旧友の2人が再開するシーンでこの映画が始まるからです。

その後も、全編通して会話のシーンが多いように思います。

なので、これはもしかしたらフランス語の学習をされている方にはとても良い映画かもしれません。

さて、その冒頭のシーンで、2人の味のあるおじさんがしゃべっています。

お酒の話にて、

L’alcool c’est fini.

J’en ai trop bu.

Des années Glou glou glou glou 

ワインは卒業した。

何十年も飲みすぎてな。 

なかなか面白いセリフだと思いませんか?

まず、

L’alcool c’est fini.

と、言いたい事から言う、欧米の文法のよいところが詰まっていると思いました。

字幕の翻訳も、「卒業」という言葉を使うことで短く表現していて、気が利いています。

フランス語で話す時に、意味は同じでも、

「アルコールは何年も飲んできたから,今はもう飲んでいない。」

とそのまま普通にフレーズを作ると

ついつい説明っぽくなってしまいがちですが、このように、短いフレーズで言いたい事から伝えてゆけば,よいのですね。

なんだかリズム感もあって面白いです.

そして、この

glou glou・・・・ 

ですが、フランス語のオノマトペです。

glou glou est une onomatopée française.  

 

 

オノマトペは日本語にはとってもたくさんあります。

フランス語にも、日本語程ではないけれど、あるようです。

 

Glou glou c’est le bruit de l’alcool qui passe dans l’œsophage quand on avale.

つまり、飲み物がのどを通る音です。

ゴクゴク・・ 

 

ですね。

 

 

l’œsophage 

食道

 

 

 

さて、ダニエル・オートゥイユ演じる画家はとても久しぶりに幼なじみに会ったので、
それを祝うために、美味しい赤ワインのボトルをあけます。

 

 

ですが、酒をもう飲まない、という庭師は最初は断るのですが、

でもせっかくだから、と最後にこう言います。

 

Une larmichette alors.

Juste pour la politesse.

じゃ、ほんのすこし。

 

ラールミシェット

と言うのは、お酒を飲む時に、「ほんの少し」と言う意味で使うのだそうです。

 

politesse

は 礼儀。

 

つまり、付き合いでほんの一口もらうよ、という意味ですね。

そんな場面、お酒の席ではよくありますよね。

上司のすすめる一杯を断ると、失礼かな?と思うときなど・・・

 

映画クラスの進めかた

 

1.今月の映画を鑑賞

フランス人講師自らが、毎月、オススメ映画を選んでいます。

まず約20分間、フランス映画を鑑賞します。

ハリウッド映画はたくさんあるけれど、フランス映画はレンタルDVD屋さんにも少ないし、そもそもどれが面白いのか、わからない・・・

そんな方にも、おもしろいフランス映画の

”掘り出し物”を知るよい機会だと好評です!

 

 

2.フレーズ聞き取りにチャレンジ

聞き取れそうで聞き取れない?!

映画の中のシーンで、ナチュラルな会話を聞いてみましょう。

フランス人同士の会話では、テキストなどで習ったフレーズがそのまま出てくるのではなく、フランス人ならではの省略された言い方になってしまうことが多くあります。

ピックアップしたフレーズから、よりリアルな使い方を、少し練習するときも。

 

 

さて、次はどんな映画でレッスンするのでしょうか。お楽しみに!

 

定員4名までの少人数制の教室です。90分間のレッスンで、オススメの映画を知る、フランス語のセリフを学ぶ、盛りだくさんのクラス。

無料体験レッスンにぜひ起こし下さい!

 

 

フランス語会話力を磨きたい!そんな方に。会話サロンはいかがですか

 

みんなで書くフランス映画の感想

フランス映画「画家と庭師とカンパーニュ」を見たことがある方は、ぜひ感想をコメント欄に書いて下さい!古いものから新しいものまで、フランス映画をスタッフがコツコツと見て、こちらのブログに書いています。フランス映画好きのあなたの感想投稿へのご参加をお待ちしております。

【感想は以下コメント欄へ】ニックネームとコメントを書いて、送信ボタンで完了です。Douce Franceサイト運営者がコメント承認後、サイトに掲示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA