世界にひとつの金メダル:フランス映画クラス【おすすめフランス映画】

映画を見ながらフランス語を学ぶ大好評のクラス。映画のストーリーからフレーズをピックアップして学びます。 フランス映画が好きな方、フランス語の基礎が既に身についた方にオススメのクラスです。

フランス映画,紹介,おすすめ,フランス歴史,ギョーム・カネ,フランス語,教室,東京,新宿,フランス語学習,フランス語学校,フランス語文法,フランス語会話,フランス語セリフ,フランス語フレーズ,フランス俳優

あらすじ・ストーリー

フランスの著名な馬術選手ピエール・デュランの実話を映画化。

弁護士としてのキャリアを捨て障害飛越競技の選手となった彼が、暴れ馬のジャップルーと共にオリンピック出場を目指して奮闘する。

作品情報

製作年:2013年
製作国:フランス/カナダ
原題:JAPPELOUP

キャスト・監督

監督:クリスチャン・ドュゲイ

出演:ギョーム・カネ、マリナ・ハンズ、ダニエル・オートゥイユ

スタッフの正直な感想

実話だからこそ、胸にくるものがあります。
映画をきっかけに、フランスの過去の出来事を知る事ができるのが、こういった映画の良いところです。見終わった後に、実在の人物について調べてみて、また新たにフランスへの理解が深まっていきますよね。

こちらの映画は、父親役を日本でも有名なダニエル・オートゥイユが演じています。物語を見れば、この父親が主人公ピエールにとってどんなに重要であったかが、わかる事でしょう。

競技馬という、あまりよく知らないジャンルについての映画ではありますが、誰でも知っている「オリンピック」を目指しているので、ストーリーが理解しやすいです。


セリフを少し読んでみよう

親しい人に使う「私のノミちゃん」

暴れ馬のジャップルーが生まれた時から、兄弟のように世話をしてきたラファエル。

気難しくて育てるのが難しいと判断したラファエルの祖父は、ジャップルーを売ろうとします。

 Tu vas pas le vendre ? 

チュ ヴァ パ ル ヴォンドる

売らないよね?

心配そうに聞くラファエルに、おじいちゃんは答えます。

 J’en sais rien ma puce.

ジュ セ リアン マ プス

わからない

ma puce

マ プス

は、虫の「ノミ」という意味です。なんだかおかしいですが、自分の愛している人を呼ぶときに、親しみを込めてこのように使います。

他の呼び方としては、

mon lapin

モン ラパン(私の可愛いうさぎちゃん)

mon poussin

ひよこちゃん

などがあります。  夫婦、恋人、親子同士で、フランス人はこのように呼び合っているのをよく聞きますよ。


◯◯のように見える<avoir l’air de〜>と<on dirait 〜>

さて、会話の中のフレーズと、テキストに出てくる文章の大きな違いと言えば、以下の文のように、ne が省略されているケースです。

Il a pas l’air d’avoir beaucoup d’équilibre. 

バランスが悪い

上のセリフは、暴れ馬の走り方を見て、主人公のピエールがつぶやくセリフ。

avoir l’air de 〜

で、〜のように見える、という意味ですね。上の文章は、「彼(馬)は、バランスがないように見える」という事になります。
バランスは、カタカナなのでそのまま使いそうになってしまいますが(?)、フランス語ではéquilibre (エキリブレ)を使います。

Il est sale, il est pas musclé, on dirait un cheval de club !

汚いし筋肉もない遊び用の馬だ

on dirait

は、こちらも「〜のように見える」「〜のようだ」という意味。

先ほど出てきた、

avoir l’air de 〜

と、だいたい同じ意味合いで使われます。

例えば、以下のように使います。

Tu as l’air d’aimer cette chanson.

君は、この歌が好きみたいだね。

Ton chapeau, on dirait un oiseau.


きみの帽子、鳥みたいだね。


頼みごとをする時の言い回しのバリエーション

◯◯をしたい、して欲しい、お願いできますか?など、生活に欠かせない

「人に何かを頼む」時の言い方の一つが、セリフの中に出てきましたので、最後にご紹介します。

J’ai un service à te demander. 

ジェ アン セアヴィス ア テ デマンデ

頼みがある

さて、この記事では3つほど、映画に出てきたセリフからの言い回しをご紹介させていただきました!レッスンでは、もっともっとたくさんのフレーズを勉強しますよ!


映画クラスで学ぼう

今月の映画を鑑賞

フランス人講師自らが、毎月、オススメ映画を選んでいます。

まず約25分間、フランス映画を鑑賞します。 ハリウッド映画はたくさんあるけれど、フランス映画はレンタルDVD屋さんにも少ないし、そもそもどれが面白いのか、わからない・・・

そんな方にも、おもしろいフランス映画の ”掘り出し物”を知るよい機会だと好評です!

セリフ聞き取りにチャレンジ

聞き取れそうで聞き取れない?!

映画の中のシーンで、ナチュラルな会話を聞いてみましょう。

フランス人同士の会話では、テキストなどで習ったフレーズがそのまま出てくるのではありませんよね。

フランス人ならではの省略された言い方も、どんどん身につけましょう。

リアルな会話への応用

フレーズから、よりリアルな使い方を、説明したり、実際にその場で練習したりします。

ピックアップしたセリフを自分の身の回りの事に言い換えてみると、すぐに使える実践的な言葉として、身につきやすいものです。


定員4名までの少人数制の教室です。

90分間のレッスンで、オススメの映画を知る、フランス語のセリフを学ぶ、盛りだくさんのクラス。

無料体験レッスンにぜひ起こし下さい!

みんなで書くフランス映画の感想

フランス映画「世界で一つの金メダル」を見たことがある方は、ぜひ感想をコメント欄に書いて下さい!古いものから新しいものまで、フランス映画をスタッフがコツコツと見て、こちらのブログに書いています。フランス映画好きのあなたの感想投稿へのご参加をお待ちしております。

【感想は以下コメント欄へ】ニックネームとコメントを書いて、送信ボタンで完了です。Douce Franceサイト運営者がコメント承認後、サイトに掲示されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA