子どもが主人公

「ディリリとパリの時間旅行 」:フランス映画クラス【おすすめフランス映画】

「ディリリとパリの時間旅行 」:フランス映画クラス【おすすめフランス映画】

パリの風景を美しいCGアニメーションで再現。アニメだが大人も十分に楽しめる、社会問題に絡んだ内容。ベル・エポックの時代のパリ。ニューカレドニアから密かに船に乗りパリにやって来たディリリは、偶然出会った配達人・オレルと共に、パリで近頃横行している幼女誘拐犯を退治するため、彼らの調査を始める。

「100歳の少年と12通の手紙」:フランス映画クラス【おすすめフランス映画】

「100歳の少年と12通の手紙」:フランス映画クラス【おすすめフランス映画】

白血病のために死を目前にした少年が、残されたわずかな日々を懸命に生き、自らの人生を全うする姿を描く。小さな少年が、これからまもなくして自分が死ぬんだということを、自分の両親よりも遥かにしっかりと受け止めている姿が健気です。死を迎える少年の物語なので基本的には涙を誘う映画ではありますが、楽しいシーンも多いので、決して重たい映画ではありません。

「コーラス」:映画クラス【おすすめフランス映画】

「コーラス」:映画クラス【おすすめフランス映画】

舞台は戦後間もない1949年頃のフランス。舎監としてやってきた音楽教師マチューは、反抗的な生徒達に悩まされつつも、自分の経験を生かし音楽を教え始める。ジェラール・ジュニョが人間臭い音楽教師役。少年役は、名門合唱団のソリストなので、音楽映画として説得力があります。

「マルセルの夏」:映画クラス【フランスの国民的作家の少年時代】

「マルセルの夏」:映画クラス【フランスの国民的作家の少年時代】

「プロヴァンス物語 マルセルの夏」 の解説・あらすじ・ストーリー 『わんぱく戦争』のイヴ・ロベール監督がフランスの国民的作家、マルセル・パニョルの回想録を詩情豊かに映画化したヒューマンドラマ。9歳の少年・マルセルがプロヴ…