もうひとりの息子:おすすめフランス映画紹介

あらすじ・ストーリー

イスラエルとパレスチナの対立を背景に、取り違えられたふたりの息子と両親の葛藤を描く感動作。

イスラエル人家族の息子は、自分が両親の実の子ではないと知る。18年前、湾岸戦争の混乱により病院で別の赤ん坊と取り違えられていた。

作品情報

製作年:2012年
製作国:フランス
原題:le fils de l’autre

キャスト・監督

監督:ロレーヌ・レヴィ

出演:

エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル・エルベ、ジュール・シトリュク、マハディ・ザハビ

感想

子どもを持つ親なら、もし自分の子どもが実は、取り違えられた他人の子どもだったら、と思うと・・・登場する母親たちの大変辛い気持ちに共感できます。

しかも、このストーリーの場合には、対立している民族間で赤ちゃんが入れ替わってしまった、という話ですから、複雑です。

自分の子だと思って愛情深く育てていた子が、実は自分の国を奪った民族の子だった、というケース。

物語の前半は、一体どうなってしまうんだろうという不安や複雑な事情で、不穏な雰囲気です。シリアスな映画を観はじめちゃったな、と思っておりましたが、だんだんと、親の愛情、子ども同士の友情、父親同士の和解など、少しずつ糸が解けてきて、暖かい空気になってきます。

パレスチナとイスラエルの対立状況の中で、いつ誰が殺されるかわからないというような怪しげな街の雰囲気にドキドキしますが、(おそらく平和ボケの日本人が見るからそう思えるだけですが)実際にはそういった激しいシーンはほとんどなく、人間同士の気持ちの交流が中心に描かれています。

主役から脇役まで、全ての登場人物が、少しずつ良い点をとっていて、良い映画でした。


映画クラスでフランス語を学ぼう

1.今月の映画を鑑賞

フランス人講師自らが、毎月、オススメ映画を選んでいます。

まず、そのレッスンで題材にするフランス映画を20分程度、鑑賞します。 ハリウッド映画はたくさんあるけれど、フランス映画はレンタルDVD屋さんにも少ないし、そもそもどれが面白いのか、わからない・・・

そんな方にも、おもしろいフランス映画の ”掘り出し物”を知るよい機会だと好評です!

2.フレーズ聞き取りにチャレンジ

聞き取れそうで聞き取れない?!

映画の中のシーンで、ナチュラルな会話を聞いてみましょう。

フランス人同士の会話では、テキストなどで習ったフレーズがそのまま出てくるのではなく、フランス人ならではの省略された言い方になってしまうことが多くあります。

ピックアップしたフレーズから、よりリアルな使い方を、少し練習するときもあります。

より実践的なフランス語を、楽しみながら学べる映画クラス。

定員4名までの少人数制の教室です。

90分間のレッスンで、聞き取りや言葉の言い回しなどを学ぶ、盛りだくさんのクラスです。

体験レッスンにぜひ起こし下さい!

フランス語会話力を磨きたい!そんな方に。会話サロンはいかがですか