フランス語会話「ウィ」ばかり使っていませんか?感情を表現する基礎フレーズ【音声付き】発音練習

フランス語の会話で、ウィouiは「はい」という意味です。フランス語を学習している方でなくても、ウィ、を知っている方は多いと思います。

カフェアート.Oui,non,ウィ,ノン

ウィばかりでは失礼??

フランス人と話すとき、相づちとして、「ウィ、ウィ・・・」と言ってばかりいませんか?

バツのサインを手で作る外国人女性

私は、フランス語での会話中に「ウィ」ばかりを言いすぎて、

「逆に、適当に流されている感じがする」とネイティヴのフランス人に言われた事があります。

相づちのバリエーションの多さは、会話をスムーズにするばかりでなく、自分の感情を相手に伝えることで、会話がグッと盛り上がります。「ウィ」と「ノン」以外の相づちも少しずつ覚えてゆきませんか?

このページでは、フランス語の基礎の受け答え方のフレーズを音声付きで紹介しています。既にウィouiとノンnonを知っている方も、フランス語会話での受け答え・相づちの発音を練習してみて下さいね!


フランス語「ウィ」と「ノン」

日本語の、はい、英語の、yesにあたる言葉、それがフランス語のウィです。しかし、日本語の相づちとしての「はい」として多用するのは、要注意です。

ウィ、は、日本語の「はい」よりも、より相手の考えや提案に「承諾した」という意味合いが強くなります。

ウィ、ウィ・・と相づちのつもりで会話中に相手の話を聞き受けていると、全部を快諾されたのだと相手が勘違いしてしまったり、または逆にちゃんと話を聞いておらず、はいはい、と聞き流している、と思われてしまうケースもあるので「ウィ」は「そうです」「そのようにします」という意味合いだと考えた方が良いかもしれません。

はいOuiウィ
いいえNonノン

フランス人と会話が進んだら、ただ、ウィ、ノン、というだけでは、物足りなくなってきます。様々な返事の仕方を知っておくと、楽しく会話が進みます。後ろに、以下のように付けるだけで、ウィ、とノンだけよりも、明確に思いを伝えることができます。

「はい、そうです。」

Oui, c’est ça.ウィ、セ サ

「いいえ、違います。」

Non, c’est pas ça. ノン、セ パ サ

ウィ以外のフランス語の基礎の受け答え

簡単なフランス語の返事

まずは、一番簡単で覚えやすい相づち「ア、ボン」です。

あ、そう?Ah, bon ? アボン?
あ、そう!Ah,bon! アボン!

発音練習

フランス語会話例文

Aujourd’hui, je rentre à la maison avant cinq heure.

オウジョウドウィ ジュ ろントレアラメゾン アヴァン サンク エーる

(今日、5時前に家に帰るよ)

Ah , bon?

ア ボン?

(あ、そう?)


フランス語で感情表現!びっくりした時

外国人カップル,感情表現,驚き,びっくり

「あ、そう?」よりも、驚きが強かった時は、どう言えば良いのでしょうか。

本当?

C’est vrai? セブレ?

本当?は日本語の会話ではかなりよく使いますね。しかし、フランス語会話では、日本語の会話中の感覚での「ほんと?」や、「そうなのね〜」という意味合いの「あら、ほんとう」ほど、頻繁には出てこない印象です。驚きを表す表現は、同じものばかりを多用しないように、いくつか覚えておく事をオススメします。

発音練習

C’est vrai? セ ヴレ?


確かなの?

Tu es sûr? トゥ エ シューる?

sûr? は、「本当」「確か」と言う意味です。

友達同士のカジュアルな会話では、このようにTu(君は)を使います。目上の方に言う時は、より丁寧な

Vous êtes sûr?  ヴ ゼト シューる

を使いましょう。

発音練習

Tu es sûr? トゥ エ シュー?


嘘でしょ!

C’est pas vrai !セバヴレ!

日本人にとっては、欧米人のような大げさな表情やジェスチャーはなかなかハードルが高いかもしれませんね。しかし、語調を強めてハッキリと

セバヴレ!」と言うだけでも、「嘘でしょ!」という驚いた気持ちは伝わりやすくなります。

発音練習


信じられない。

Je n’ arrive pas à y croire.ジュ ナリヴ パ ザ イ クロア

少し長いフレーズですが、

Je n’ arrive pas à 〜 
ジュ ナリヴ パ ザ 〜

を使った表現はよく使われます。arriver は到着すると言う意味の動詞で、

croire は信じるという意味の動詞です。なので、

「信じようとしたけれど信じられない(どうにも辿り着けない)」というような、ニュアンスになります。

発音練習

Je n’ arrive pas à y croire.
ジュ ナリヴ パ ザ イ クロア


フランス語フレーズ
「もちろん」発音

外国人女性,オッケーハンドサイン

もちろんだよ、その通り、と言いたい時は、こんな表現はいかがでしょうか?発音も練習してみましょう。

もちろんBien sûr ビアンシューる
その通りTout à fait. トゥータフェ

発音練習

Bien sûr ビアンシューるは、最後の音がRなので、発音が少し難しいですが、何ども繰り返して慣れてゆきましょう。カタカナ表記の最後、「る」は、日本語のカタカナ「ル」とは違い、喉の奥を鳴らすような感じです。このRの発音がまだ難しければ、「ビアンシュー」と、を言わずに話した方がフランス人には伝わりやすいです。

bien sûr

「その通り」Tout à fait. トゥータフェ は、ほぼカタカナ通り読めば相手に伝わるはずです。

tout à fait

フランス語フレーズ
「同調・賛成」発音

「了解」「わかったよ」と短く言いたい時に使います。

わかったよ。

D’accord.

D’accord (ダコーる)は、頻繁に使います。最後の「る」はRの音なので、喉の奥を鳴らすように発音します。発音が難しい場合には、「ダコール」とカタカナ通りに言ってしまうよりも、「る」無しで「ダコー」だけを言う方が伝わります。

発音練習

(ダコーる)

了解しました。

Je suis d’accord.

ジュ スィ ダコーる

発音練習

あなたに賛成です。

Je suis d’accord avec vous.

ジュ スィ ダコー アヴェック ヴ

頻用される言い方としては、「あなたは正しいね」と言う意味のこちらの言い方もあります。

ごもっともです。(目上の人に言う時)

Vous avez raison.ヴ ザ ヴェ れゾン

raison(れゾン) は「理由」という意味です。

Vous avez(ヴ ザ ヴェ )は、あなたは〜を持っている という意味です。

直訳すると、「あなたは理由を持っている」つまり、あなたのいう事は筋が通っていますね、というのフレーズです。会議で、相手の意見を聞き、なるほど、と思った時などにハッキリとした語調で相手の目を見ながら

ヴ ザ ヴェ れゾン とぜひ言ってみてください。

発音練習

Vous avez raison.
ヴ ザ ヴェ れゾン

君の言う通りだね。(友達などに言う時)

Tu as raison. トゥ ア レゾン

先ほどのvous(あなたは)の部分が、tu(君は)になったフレーズです。

持っている、と言う動詞(avoir)も、tuとセットの場合には、

as と変化します。

発音練習


フランス語フレーズ
「曖昧な返事」発音

よく、日本人はハッキリものを言わない、とフランス人に言われます。集団、ハーモニーを重んずる日本人の良いところでもありますが、フランス人によってはもどかしいようです。

でも!やっぱり、賛成でも反対でもない、と言う会話の場面がありますよね。そんな時は、以下のようなフレーズを言ってみてください。

どちらとも言えます

Oui et non ウィ エ ノン

こちらは、初心者にも使いやすい、簡単なフレーズではないでしょうか。はい、であり、いいえ、でもある、まさに文字通りの表現です。

発音練習

Oui et non
ウィ エ ノン


そうかも

peut-êtreプー テトる

2番目の「peut-être プー テトる」の前後には、ouiやnonをつけますよ。

フランス語会話例文

Elle a des enfants?

彼女、子どもいる?

Peut-être, oui.(プー テトる うィ)

たぶんね。


フランス人ぽく話す!5つの返事

ネイティヴが話しているみたいに、こなれた会話の受け応えがしてみたい!そんな時には、以下のような言葉を会話のスキマに挟んでみて下さい。

フランス語のテキストでもよく見かける言葉なので、決してスラングや失礼な言い方ではありません。

まあね。Bah oui. バ ウィ
あーれまぁOh! là là ! オーララ
そういうことさVoilà. ボワラ
まぁまぁBof. ボフ
わかったJe vois. ジュ ヴォワ

まあね。

Bah oui. バ ウィ

フランス人の会話を聞いていると、この「Bah・・」が頻繁に出てきます。日本語で言う所の「ええと」のような感じです。例のようにouiの前についた場合には、「えーっと・・そうだね。」のようなイメージです。相手のフレーズを受けて、一瞬考える時間が欲しい時も、無言ではなくこの「Bah・・」を言うと、より会話らしくなります。

発音練習

Bah oui
バ ウィ


あーれまぁ

Oh! là là ! オーララ

こちらは、日本語の「アーララ!」とほぼ同じだと思えば簡単です。驚いた時、呆れた時、など、色々なシチュエーションで使えます。フランス人のおばあちゃんが、アーララ!と大きなリアクション付きで言っているのをよく聞きますよ!

発音練習


そういうことさ

Voilà. ボワラ

こちらも、よく耳にします。フレーズの最後につけて、「ってことなんだよ。」と自分の言いたいことを終わらせたりします。

「Voilà. ボワラ」は、「はい、どうぞ」と何かを相手に差し出す時にも使いますので、買い物をしてお釣りを受け取るときに店員さんが「Voilà. ボワラ」と言ってくれるかもしれませんね。

発音表現


まぁまぁ。

Bof. ボフ

まあまあ、「comme si comme ça.」コムシ コムサ と同じ意味合いの言葉です。

フランス語会話フレーズ例

Le film était bien?

映画は良かった?

Bof…

まあまあ

わかった(なるほど)

Je vois.  ジュ・ヴォア

voir「見る」と言う動詞を使った受け答え方です。相手が何かを説明して、理解した時に「Je vois ジュヴォア」と一言、答えるのです。


発音練習

Je vois. 
ジュ・ヴォア


フランス語の相づち・受け答え方、いかがでしたか?

冒頭でもお話しした通り、フランス人との会話の中で、ウィ・・ウィ・・と「話をよく聞いてますよ」と言う気持ちで相づちを頻繁にうっていましたら、
「はい、はい、わかってますよ」という話を流されている印象に取られてしまったことがあります。

それ以来、相づちはウィ、だけでなく、バリエーションを考えて会話するようになりました。相手に共感する気持ちを、ちゃんと「相づち」で伝えられたら、楽しい会話になりますね!