フランス映画紹介

フランス映画「レ・ミゼラブル」現代フランスへの問題提起

フランス映画「レ・ミゼラブル」現代フランスへの問題提起

フランス社会の現実をありのままに描く、世界に衝撃を与えた社会派映画。華やかなパリの郊外、ヴィクトルユゴーのレミゼラブルの舞台ともなったモンフェルメイユ。誰も悪くなろうとなんてしていないが、礼儀正しいだけでは生きてゆけない町。数々の賞に輝き、世界に衝撃をもたらしたこの作品。

フランス映画「終電車」

フランス映画「終電車」

ドリュフォー監督の最大のヒット作。ナチ占領下のパリでは、人々は夜間外出を禁止され、11時以降は外出禁止。地下鉄の終電車に人々は殺到した。妻であり看板女優で、夫に変わり劇場の経営をやっているマリオン(カトリーヌ・ドヌーヴ)は、夜になるとユダヤ人である夫の隠れている地下室にひっそりと入る。

フランス映画「遥かな町へ」フランスでも人気の日本の漫画が原作。

フランス映画「遥かな町へ」フランスでも人気の日本の漫画が原作。

ある日、電車を乗り違え、もう長い間帰っていない故郷に辿り着いた主人公。記憶は中年の自分のまま、少年時代にタイムスリップし、幸せだった家族との暮らしを楽しむが、しかしこの数日後には、父は失踪するはずなのだ。祖母から聞く両親の秘密、悲しい過去の出来事とは。日本の漫画が原作の、心に染みるフランス映画。

子ども向けフランス映画やフランス語のYoutubeアニメをフランス語の勉強に役立てよう

子ども向けフランス映画やフランス語のYoutubeアニメをフランス語の勉強に役立てよう

フランス人の子どもがフランス語を覚えてゆくように、優しいフレーズからフランス語を学習するおすすめの方法!子ども同士の会話は、やたら難しい単語が出てくる大人向けサスペンスなどと違い、日常生活に密接したフレーズが聞けるのが良いところ。学習におすすめのフランスのアニメや、大人も楽しめるフランス映画を紹介。

フランス映画「アズールとアスマール」

フランス映画「アズールとアスマール」

異なった人種や民族に対する偏見や差別、そして個人と個人との繋がりがその偏見を超えた友情になるのだということが、子どもにもわかりやすくしっかりと描かれています。まるで兄弟のように育てられた、青い瞳のアズールと黒い瞳のアスマール。2人には身分の差があったが、同じ乳母に兄弟のように育てられた。領主であるアズールの父により、離れ離れになってしまった二人が、今度はイスラムの国で再会する。

フランス映画「レ・ブロンゼ 再会と友情に乾杯」

フランス映画「レ・ブロンゼ 再会と友情に乾杯」

避暑地にバカンスにやってきたお騒がせな仲間たち。27年前に出会った男女が、今度は中年になり、リゾートホテルで懐かしの大集合。相変わらず個性的な6人が繰り広げるコメディ劇。フランスで大ヒットしたシリーズの3作目だが、初めて見ても楽しめる。「本人は一生懸命、己のポリシーを貫いていて、本人は本気で困っていたり、楽しかったり、怒っていたりするけれど、それが周りから見たらとても滑稽に思える。しかし、決して、本人は自分は面白い人だとは思っていない」

フランス映画「赤ちゃんの逆襲」子を持つ親には痛ーい話!コメディと割り切って楽しもう

フランス映画「赤ちゃんの逆襲」子を持つ親には痛ーい話!コメディと割り切って楽しもう

恨みを抱いていた相手の赤ちゃんとして生まれ変わってしまった男が、赤ちゃんとして復讐を測る、ブラックコメディ。フランスのコメディ映画に欠かせない存在、ティエリー・レルミットが金持ちの社長役、可愛い赤ちゃんや周りの人間に翻弄される姿で笑わせてくれる。笑って見られるシーンが多いが、性的な描写も出てくるので、R-15作品となっている

フランス映画「ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間」紹介

フランス映画「ボン・ヴォヤージュ 運命の36時間」紹介

フランスの歴史、俳優、に興味のある方は、必見のフランス映画。イザベル・アジャーニ、ジェラール・ドパルデューなど有名な俳優が出演していることも、見所のひとつ。激動の第二次世界大戦のフランスで巻き起こる、ハラハラドキドキの逃亡劇。2004年のセザール賞では11部門にノミネートされ、最有望新人男優賞、最優秀撮影賞、最優秀美術賞を受賞