フランスの有名人【歴史上の人物・俳優・歌手】

フランスの有名人【歴史上の人物編】

フランスの歴史上の有名人の名前を様々なジャンルからランダムに並べてみます。この人フランス人だったの?という驚きと共に、お楽しみ下さい。

Michel de Nostredameノストラダムス
Jeanne d’Arcジャンヌ・ダルク
Louis Vuittonルイ・ヴィトン
Gabrielle Bonheur “Coco” Chanelココ・シャネル
Napoléon Bonaparteナポレオン・ボナパルト
Albert Camusアルベール・カミュ
Victor-Marie Hugoヴィクトル・ユーゴー
Alexandre Gustave Eiffelギュスターヴ・エッフェル
Eugène Henri Paul Gauguinポール・ゴーギャン
Charles Camille Saint-Saënsカミーユ・サン=サーンス

ルイ・ヴィトン
Louis Vuitton Malletier

おしゃれなイメージのフランス。高級ブランドとして有名な「ルイ・ヴィトン」は、フランス発です。

有名ブランド「ルイ・ヴィトン」を作った人物である、「スーツケース職人のルイ・ヴィトン」は、1821年2月2日、スイスと国境を接するフランス東部のフランシュ・コンテ地方、ジュラ山脈のアンシェイ村で生まれました。

ルイ・ヴィトン(海外ドラマboardから引用)

ルイヴィトンは14歳の時、家出をしました。旅を続けながら、一年近くかけてやっとパリに辿り着いたとのことです。

その後、フランスの富豪たちの豪勢な衣装を運ぶための木箱を作る仕事をしました。30歳頃には、有名な仕立て屋と仕事をするようになっておりました。やがて、華麗な衣裳の梱包が必要な王室からも指名で仕事を任されるようになります。

1854年、妻と共に世界最初の旅行鞄のアトリエ ルイヴィトンを設立。彼は時代の先を読み、汽車の中でも平積みできる平らなトランクが必要になることを見据えて製作したのです。これが貴族から高い評価を得ました。軽くて丈夫なトランクは、セレブたちの間で人気になりました。

その後、店の評判は海外にも伝わり注文が殺到しました。

1892年、ハンドバッグの生産、カタログの出版など、ブランドは発展してゆきますが、ルイヴィトン自身は71歳の生涯を閉じます。

ブランドの人気が高まるにつれ、偽物の登場も多くなりましたが、ダミエ・ラインや、モノグラム・ライン(ルイの死後に登場)を生産するなど、ブランドならではの対策をとりながら、ルイヴィトンは現在に至ります。

参考サイト:ルイ・ヴィトン ストーリー

ココ・シャネル

ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chasnel)

ファッションデザイナー・企業家・有名ブランド「シャネル」創立者
(1883-1971)

現代のファッション界に大きな影響を与えた超有名ファッションデザイナーです。高級婦人服のみならず、香水、ジュエリー、ハンドバッグのデザインなども手がけます。

  • 婦人服へのジャージー生地の導入
  • 日常生活における利便性とファッション性

がシャネルの改革だと言われています。

ココシャネルは、裕福な家庭の生まれではありません。一部屋だけの住居にすし詰めで暮らしていたそうです。12歳の時に母が亡くなり、姉や妹と共に孤児院に預けられました。ここでの6年間で、裁縫を学んだのです。

孤児院を出た後は、仕立て屋の職を見つけ、また副業でキャバレーで歌を歌っていました。このキャバレーでのレパートリーの曲「ココリコ(Ko Ko Ri Ko)」がココシャネルという名前の元となっている。

シャネルは芸人としての活躍の場を求めて、ヴィシーに向かいましたが、活躍できずに戻ります。
(以降 作成中)

ノストラダムス

ノストラダムス=フランス人というイメージはあまりないですよね。

「ノストラダムスの預言」でよく知られていますが、実は医師としての活動や、料理研究の著作もあるなど、占い師・預言者以外の顔もあるようです。彼の人生には、様々な預言を匂わせる伝説があるが、その真偽は不明で、後付けされたものである可能性も高いようです。

wikipediaから引用

ノストラダムスは1529年にモンペリエ大学医学部に入学しており、薬剤師の資格を取得していたと言われています。

1550年代から、翌1年間を予言した暦書(アルマナック)の刊行を始めたり、さらに先の未来の『予言集』を執筆。

国王アンリ2世や、カトリーヌ・ド ・メディシスに謁見するなど、王室にもその噂は伝わり、その後は預言者や「顧問」として王室と関わっています。カトリーヌは自分の4人の子どもの将来を占わせたとも言われています。

当時の預言は、当たっていたものも、外れていたものもあるようです。

ジャンヌ・ダルク
Jeanne d’Arc

ジャンヌダルク肖像画

wikipediaから引用

1412年頃〜1431年。「オルレアンの乙女」として知られている、フランス王国の軍人。フランスの国民的ヒロインです。

農夫の娘として生まれたが、神のお告げを国王に伝えた事をきっかけにフランス軍に入り、イングランドとの百年戦争での重要な戦いでの勝利にて、シャルル7世の戴冠に貢献しました。

オルレアンの戦いでは、兵士の士気を高めることに成功したことが勝利の要因の一つであったようです。続く重要ないくつかの戦いの勝利にも貢献しました。

その後の戦いで捕虜となり、イングランド軍に引き渡されます。異端裁判にかけられ、19歳という若さで火あぶりの刑にされてしまいました。

異端ではなかったにも関わらず(死後に復権裁判により、守護聖人となる)、異端として火刑にされてしまった悲劇の少女。女性が軍人になることが珍しかった当時、ジャンヌの活躍を気に食わないアンチ・ジャンヌ派が、最終的には死に追いやったのではと想像します。

フランスの有名人【俳優・歌手編】

誰もが何となく名前を知っているフランスの俳優・歌手を10名並べてみます。好きな人物の名前は、カタカナのみでなくフランス語のアルファべでも書けるようになりたいですね!

Catherine Deneuveカトリーヌ・ドヌーヴ
Alain Fabien Maurice Marcel Delonアラン・ドロン
Vanessa Chantal Paradisヴァネッサ・パラディ
Édith Piafエディット・ピアフ
Jeanne Moreauジャンヌ・モロー
Isabelle Huppertイザベル・ユペール
Jean Renoジャン・レノ
Emmanuelle Béartエマニュエル・ベアール
Brigitte Bardotブリジット・バルドー
Charlotte Gainsbourgシャルロット・ケンズブール

フランス人は名前が長い

歴史上の人物で、皆が知っているマリーアントワネットは、

Marie-Antoinette-Josèphe-Jeanne de Habsbourg-Lorraine d’Autriche

マリー=アントワネット=ジョゼフ=ジャンヌ・ド・アブスブール=ロレーヌ・ドートリシュ

サン・テグジュペリ

Antoine de Saint Exupéry

日本でも有名な、「星の王子様」の作者です。

ちなみに本当は

アントワーヌ・マリー・ジャン=バティスト・ロジェ・ド・サン=テグジュペリ

と言います。長いですね!