肌の色の表現「カフェオレ」は差別用語?:映画クラス


「ニューヨーク←→パリ大冒険」 の解説・あらすじ・ストーリー

ニューヨークに住む有名なラビが、パリに向かう。

同じ頃、パリ郊外の田園地帯で、工場主でカトリック教徒、保守的でレイシスト(差別主義者)のヴィクトール・ピヴェールは、娘のアントワネットの結婚式を祝うため、雇用する運転手サロモンに運転させた自分の車に乗っていた。

カトリックとユダヤ教徒の習慣の違いによって、ピヴェールは様々なドタバタ劇を繰り広げる。

アラブの某国の革命家スリマーヌ、即決裁判で死刑を言い渡す首領のファレス、などなど、個性的な登場人物が笑わせてくれる。

「ニューヨーク←→パリ大冒険」 の作品情報

製作・公開:1973年にフランス公開

製作国:フランス

原題:Les Aventures de Rabbi Jacob

「ニューヨーク←→パリ大冒険」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

出演者:ルイ・ド・フュネス、スージー・ドレール、ダリオ、

セリフからフランス語を学ぼう

 

 

 

 

フランス語のタイトルは
Les Aventures de Rabbi Jacob
です。
スクリーンショット 2017-03-23 23.08.56
1973年のフランス映画ですが、毎年のようにフランスのテレビで放映されているので、多くのフランスの若者もこの映画を知っているそうです。
Et alors?
(だから何ですか?)
Vous avez vu la mariée?
(花嫁を見ましたか?)

 

道中で結婚式に出くわすシーンです。

La mariée
(花嫁)
Le marié 
(花婿)

 

です。

 

 

Elle est noire!
(彼女は黒人だ)

 

ルイ・ド・フィネス演じる主人公のピヴェールは、少々?差別主義的な考え方の持ち主。
肌の色の違う人種にとても敏感に反応するシーンが、最初の方のシーンで出てきます。

現在はそれほどでもないかもしれませんが、昔は富裕層のフランス人は、白人しかいない地域に暮らすことが多かったので、他の肌の色の人たちを見慣れていなかったためかもしれません。

 

 

Elle est même pas café au lait .
(彼女はカフェオレでもない)
この「カフェオレ」の意味がわかりますか?
カフェオレは、黒と白の中間、ミックスした色、つまり、茶色い肌の人のことを言っています。

 

ちなみに、これは差別表現ではなく、普通に使われているそうです。

 

リアルな会話からの、使えそうなフレーズですね。
主人公ピヴェールが、渋滞している道路で、イライラしながらナンバープレートを見ているシーン

Maintenant, on est derrière un belge.
(今度はベルギー人の後ろだ!)
この
maintenant(今)

「マンテノン」

発音するときは、音節が2つが正しいです。
よく
「マン・テ・ノン」と3つで発音しがちですが、

 

「マン (テ)ノン」

と、「テ」があまり強くならないようにすると、ネイティヴっぽくなりますよ。

 

 

主人公は、少しレイシスト(差別主義者)。
ストーリーの中では、それが面白可笑しくコメディ調に描かれています。

みんな通常はカトリックだという雇い主に対し、ユダヤ人運転手は、

 

Pas comme tout le monde,monsieur.
(みんなではありませんよ)
Par example,Je suis juif.
(例えば、私はユダヤ人ですよ)

スクリーンショット 2017-03-23 23.09.07
次はカフェのシーン。
ウェイトレスは、お客さんの呼び出しをします。

On demande mr Sliman au téléphone.
(スリマンさん、お電話です。)

昔の映画なので、公衆電話で電話をします。
今なら携帯電話でしょうか。そんな時代の違いがみれるシーンは興味深いです。

Vous faites comme d’habitude.
(あなたはいつものようになさい。)

部下に、指示する時のセリフ。

 

Comme d’habitude.
コム ダビチュード
「いつものように」
習慣を言う時によく使います。

 

 

Arretez-vous!
(止まって下さい!)

車に、止まってくださーい!

と言うシーン。

 

 

次は、l’usin(工場)に迷い込む場面です。
Y a quelqu’un??
(誰かいますか??)

 

Il y a quelqu’un??
が、文法的には正しいですが、最初の
ilを省略して、フランス人はよく使います。

 

スクリーンショット 2017-03-23 23.09.23

 

 

最後にもう2つほど。

 

Vite, vite!
Dépêchez-vous!
(速く、速く!急いで下さい!)
Minute! moncieur!
(1分まって!)

Une minute! を略しています。
急いでいるとき、使ってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA